100均の老眼鏡は悪化すると思う。それならサプリメント方が良い。

近視の私が老眼になったのが49歳の頃からでした。

 

近視の人が老眼になると楽だと言いますが、実際は近くが裸眼で良く見えるだけで、普通に見る場合は近視用のメガネが必要なので、楽になるとは言えません。
普通の目の人が老眼になると、結構辛そうです。

 

 

私の嫁は眼が良かったんですが、老眼が進むにつれ近くも遠くも見えなくなったと嘆いていました。

 

 

そこで老眼鏡をメガネ屋さんで購入したわけですが、近くを見やすくしたため、テレビが見づらいと言い出し、結局メガネを二つ購入しました。嫁の母も、老眼鏡を二つ持っています。近くを見るためのものと、遠くを見るためのものです。

 

こんな二人を見ていると近視から老眼になった方が楽のように思えました。

 

また人間は加齢とともに、皆老眼になるものかと思っていたら、65歳で全く老眼になっていない人もいます。職場には近くを見る時だけしか老眼鏡はいらないと言って、100均の老眼鏡を買っている人もいますが、老眼鏡でも見えないと嘆いています。

 

色々とまとめると、老眼鏡はメガネ屋さんで、目の検査をしたうえで購入するのがベストです。100均の老眼鏡は逆に目を悪くする確率が高いと思います。

 

それだったら、老眼対策用のサプリメント方が良いと思います。その方が長期的には目の健康にも良いですからね。

老眼対策用のサプリメントは抗酸化作用が入っているので、目の病気である白内障や緑内障などの対策にもなると言いますからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です