老眼を一度諦めましたが、えんきんで・・・。

若いときは、視力検査をすると、いつも1.5とか2.0と言われるのが、唯一の自慢でした。

ところがどうでしょう、40歳を過ぎた頃から初めて「目」で悩み始めました。

私は、手芸が好きで刺繍をしたり、レース編みをしたり、細かなことをそれまでは何の苦も無くできていました。ところが、なんだかおかしい。手元を凝視したあと、顔をあげてテレビを見ようとすると、ぼやけて見えないのです。

しばらく目を閉じて再度テレビに目をやるとやっと見える、逆にテレビを見ていて又手元に目を戻すと、焦点が合わない・・・そんな状態から始まりました。

眼精疲労かなと思い、ビタミン入りの点眼薬を使って様子をみました。それでも段々手元の作業がやりにくくなり、やっと眼科受診をしましたが、特にほかに異常はなく、遠視の眼鏡の処方をしてもらいました。

でも、今まで眼鏡を使用したこともなく、面倒くさい・・とついつい眼鏡をかけずじまいに過ごしてしまいました。

ブルーベリーが視力回復に良いと聞けば、実を買ったり、サプリメントを取り寄せたりしましたが、数か月で止めてしまい、望んでいた効果を評価するに至らずじまいでした。

夜間、どうしても読書しなくてはいけなかった時、眼鏡をかけても、9時を過ぎると(読書し始めて2時間経過位)照明をもっと明るくしても字がぼやけて、距離を変えても、目を細めても読めないのが、ホントにショックでした。意欲が失せる・・・

あれからも随分年月が過ぎましたが、今は、乱視と近視用、乱視と遠視用の眼鏡を持ち歩いています。でも、何か世の中、スッキリ見えない気分で、やりたいことのやれないモヤモヤ感があります。

若いときには、こんなことがあるなんて思いもしなかったですね。

ですが、老眼をどうしてもしたいと思った私は再度サプリメントに挑戦しました。

購入したのはファンケルから販売されている「えんきん」です。

1日目、2日目は全く何も変化がなく、やっぱりダメかな?と諦めかけていた時に、ふと文字が見やすい事に気づきました。

これはもしかしたらと思い、今2ヶ月ほど続けていますが、当初と比べると本当に見やすくなり、今では読書を普通にできるまでになりました。

人によって効果には違いがあると思いますが、ファンケルの「えんきん」は試す価値があるサプリメントだと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です