老眼はレーシックで治る?サプリメントを選ぶ際には。

新聞など、手元の小さな文字が見えづらい…といういわゆる老眼の症状が出てくるのは、個人差はあるものの大体40代からが多いようです。

そもそも老眼というのは、水晶体の厚みを調節してピントを合わせる「毛様体筋」という筋肉の衰えによるもの。見づらいのに無理をして近くをずっと見ていると、目が疲れやすくなってしまいます。

 

そして、多くの人が疑問に思うのは「レーシック治療は老眼にも効果があるのか?」ということでしょう。

 

レーシックというのは主に遠くが見えづらいという近視の人が多く受ける治療ですが、屈折の異常が起こっている角膜にレーザーを当てることで角膜の屈折率を矯正するという手術です。(因みにですが、レーシックには様々なリスクが潜んでいるので注意が必要です。レーシック手術に関する参考リンク集

 

しかし、老眼というのは前述のとおり水晶体の厚みを調節できなかったり弾力性が落ちることが原因のため、角膜の屈折を治したところで老眼は治らないのです。

 

ただもちろん、近視と老眼どちらもある人の場合はレーシックで遠くが見やすくなるため、遠近両用メガネではなく老眼鏡だけで済むという点はメリットでしょう。

また、他の選択肢としてはやはりサプリメントが老眼対策としてはありだと思います。目の老化現象が老眼なので、老化を抑た制してくれる抗酸化作用の高い栄養成分をしっかりととれば、老眼が改善される場合もありますし、それに老眼のサプリメントの隠れたメリットとしては、今後進んでいくであろう、老眼の進行を抑えてくれることにあります。

意外にこの老眼の症状が進んでしまうのを抑制してくれる効果は侮れません。老眼が進んでしまえば、本当に見えにくくなってしまいますからね。

老眼サプリメントを選ぶ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です