最終的に老眼のサプリメントはありだと思った。

私は、信じていたんです。年を取ったらこんな眼鏡ともコンタクトレンズともおさらばして、自由にストレスなくよく見える日が来ると期待していたんです。

ちゃんときれいに見える日が来るって思っていたのに、50を過ぎてあれ?何か見えずらい?老眼かなと思い、とうとう来たかと思いました。

 

きっとしばらくしたら目がよくなってくる日も近いと、待っていたんです。待っても待ってもそんないい兆候はありませんでした。

 

我慢をせず、仕方がないので簡単な老眼鏡を買いました。

 

もしやと思い、インターネットで検索したら、近眼の人は、年を取って老眼になったら、プラスマイナス0というわけにはいかないと分かったんです。

 

都市伝説みたいなものですか。

 

これを知ったときは、結構ショックでした。眼鏡をかけても、老眼鏡をかけても、見えない、見えずらい領域っていうのがあるんです。

 

せめてどちらか一方だったらいいのに。最近ではこの目のおかげで目が疲れるし、頭も痛くなってくる。不自由で仕方がないです。

 

そこで、あんまり気は進まなかったんですが、とうとう老眼のサプリメントを飲むようになりました。

最初のうちはそれほど効果を感じられる事もなくて、やっぱりダメなのかな?と思っていたんですが、だんだんと続けていくうちに少し老眼が改善されていくのを実感する事ができました。

 

もちろん、老眼のサプリメントで改善されたと言っても若いときのようにくっきりはっきりと見えるわけではないですが、飲まない時と比べれば雲泥の差です。

老眼のサプリメントは人による部分もあると思いますが、ありだと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です