老眼はレーシックで治る?サプリメントを選ぶ際には。

新聞など、手元の小さな文字が見えづらい…といういわゆる老眼の症状が出てくるのは、個人差はあるものの大体40代からが多いようです。

そもそも老眼というのは、水晶体の厚みを調節してピントを合わせる「毛様体筋」という筋肉の衰えによるもの。見づらいのに無理をして近くをずっと見ていると、目が疲れやすくなってしまいます。

 

そして、多くの人が疑問に思うのは「レーシック治療は老眼にも効果があるのか?」ということでしょう。

 

レーシックというのは主に遠くが見えづらいという近視の人が多く受ける治療ですが、屈折の異常が起こっている角膜にレーザーを当てることで角膜の屈折率を矯正するという手術です。(因みにですが、レーシックには様々なリスクが潜んでいるので注意が必要です。レーシック手術に関する参考リンク集

 

しかし、老眼というのは前述のとおり水晶体の厚みを調節できなかったり弾力性が落ちることが原因のため、角膜の屈折を治したところで老眼は治らないのです。

 

ただもちろん、近視と老眼どちらもある人の場合はレーシックで遠くが見やすくなるため、遠近両用メガネではなく老眼鏡だけで済むという点はメリットでしょう。

また、他の選択肢としてはやはりサプリメントが老眼対策としてはありだと思います。目の老化現象が老眼なので、老化を抑た制してくれる抗酸化作用の高い栄養成分をしっかりととれば、老眼が改善される場合もありますし、それに老眼のサプリメントの隠れたメリットとしては、今後進んでいくであろう、老眼の進行を抑えてくれることにあります。

意外にこの老眼の症状が進んでしまうのを抑制してくれる効果は侮れません。老眼が進んでしまえば、本当に見えにくくなってしまいますからね。

老眼サプリメントを選ぶ

 

老眼への覚悟はまだできていない

自分自身はまだ老眼ではなく・・、もともと強い近眼なので目のケアには気をつけているつもりです。

目のためのトレーニングもこまめにしています。たとえば本の表紙をはっきり見えるくらいに近づけて、腕を伸ばして遠ざけたり・・このしぐさが老眼っぽいのですが(泣)

老眼になるのが怖いので、こういうトレーニングをしているとも言えます。

 

もちろん近眼が少しでもなくなればいいのですが、それが難しいことはよくわかっているので、まずはそれ以上ひどくならないように、目の疲れをためないように毎日トレーニングをしています。目が疲れるとやっぱり老眼になりやすいみたいですからね。疲れ目を防ぐ5カ条 ドライアイ、老眼に打つ手あり|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

 

目のトレーニングのための本が出ていて、それに従ってやっています。今では本を見なくてもできます。電車に乗っているときにも、トレーニングを意識して目を動かしたり目を休ませたりしています。本を読んだりスマホを見たりはしません。

 

私の年齢だとまだ周りの友達も老眼にはなっていません。だからまだ大丈夫だろうとは思っています。けれどある日、急にくるらしいので、その時の覚悟はまだできていません。

ついに老眼になりました。不便なのでサプリメントはじめてます。

私は50歳になる前に老眼になりました。

老眼は、ぼやけて近くが見えにくくなります。

 

40代になった頃から友人や知り合いが、徐々に近くの文字にピントが合わないと言い始めます。

 

携帯電話のメールの文字が読みにくいので、手をいっぱい伸ばして読む姿は、短冊に書かれた川柳などを読む人のようです。

 

私はリビングのテーブルに虫眼鏡を置いています。

 

そんなに使う事は無いと思いましたが、一度使い始めると意外と便利で、しょっちゅう使うようになりました。

 

日常生活で困るのが目にまつ毛が入った時に、取ろうとするのですが、ぼやけて良く見えない事です。

 

また、食事をする時に、どんぶり物などは美味しそうなおかずを見ながら、食べたいのですがぼやけて楽しみが半減と言う感じです。

 

同時に乱視が来る人も多いのですが、私もその一人です。

 

夜の街に出るとネオンが不思議な形に見えて悲しいですが、私の年代の多くが同じ悩みや同じ見え方をすると思うと不思議な物で平気です。

ただ、このままではいけないと思い、先日、老眼の対策をするためにサプリメントを買いました。

よくあるブルーベリーのサプリメントですね。

ブルーベリーにはアントシアニンが入っているので良いみたいなんですが、その老眼サプリメントを飲んでいるとちょっとはピントぼけが治ったかな?と思います。

やっぱり目には栄養を与えてがあげることが大切なんですね。